人気のアンチエイジングプチ整形

近頃年相応ではなく、実年齢よりも若く見える方が増えてきました。
それは少しでも若く見られるように努力している方が増えたからだと考えられます。

 

美容外科でもさまざまな美容メニューを提供しており、
お肌に関する施術も行っています。
その中でもエイジングケアに関する施術は高い人気があるのです。
 

 

エイジングサインの現れとして気になるのがしわです。
しわがあると老けた印象を与えてしまうため
日ごろからスキンケア製品でお手入れをしているのですが、
それでもしわができてしまいます。

 

そんなできてしまったしわに効果的なのが、プチ整形によるしわ取りです。
プチ整形で注入するのがヒアルロン酸かもしくはボトックスになります。

 

ヒアルロン酸は肌にハリを持たせることで、
しわの溝を埋めてしわを目立たなくさせてくれます。
一方でボトックスは筋肉を麻痺させることによって、
できてしまったしわを目立たなくさせてくれます。

 

どちらを注入するかは、部位によって決まることがほとんどです。
ほうれい線は加齢によるたるみが原因で引き起こされますので、
ヒアルロン酸を注入して肌にハリを持たせることでほうれい線が目立ちにくくなるのです。

 

一方で額や眉間、目じりにできるしわは、
表情による影響が大きいことからボトックスが注射されるケースが多いのです。

 

ヒアルロン酸にしても、ボトックスにしても
注射の効果持続期間は3か月から半年程度だと言われています。

 

そのため効果が薄れてきたら再度ボトックスやヒアルロン酸を注入してもらう必要があります。

肌そのものの力を引き出す治療法

手軽に受けられるしわ取り治療法といえば、
ボトックスやヒアルロン酸が有名ですが、
それらは効果が限定的であるというデメリットがありました。

 

両者ともに時間が経つと体内に吸収されてしまいますので、
しわのない顔を維持するためには
ヒアルロン酸やボトックスを定期的に打ち続ける必要があったのです。

 

ヒアルロン酸やボトックスは一時的にしわを改善する効果はありますが、
しわの根本的な改善にまで働きかけることが難しいのです。
その点を改善した新しいエイジング治療が美容外科で受けられるようになりました。

 

それが美肌注射と呼ばれる注射であり、
お肌に幹細胞を注射することによってお肌の再生能力を高める施術なのです。

 

幹細胞とは本来人間のお肌に存在するのですが、
加齢が原因でその数が減少していきます。
幹細胞は細胞の生まれ変わりや代謝に大きな影響を与える細胞であるため、
その数が減少すると代謝や細胞の生まれ変わり機能が衰えてきてしまうのです。

 

そこで幹細胞を注入することで肌を活性化させてしわを目立たなくさせてくれるのです。
この幹細胞を注射する治療法ですが、
しわだけでなくしみやたるみといったあらゆるお肌の悩みの改善にも効果的です。

 

ヒアルロン酸やボトックスとは異なり肌本来が持っている代謝力を挙げてくれますので、
お肌の悩みの改善に根本から働きかけてくれるのです。

 

この幹細胞を注射する治療法ですが、
美容外科にて広く行われている治療法ではなく、
受けられるクリニックは限られています。

 

 

更新履歴