憧れの小顔もプチ整形で手に入る

顔の形はある程度生まれ持った輪郭で決まってしまいます。
小顔に憧れていろいろとマッサージなどを試して小顔効果を試みても、
骨格までは変えることが難しいのです。

 

顔が大きく見える骨格の原因が、エラです。
両耳の下の部分のエラの部分が張り出していると、
顔全体が大きく見えてしまうのです。

 

張り出したエラを美容外科にて処置してもらうことで、
小顔に見せることが可能になります。
エラを目立たなくするためには、
エラを削るという外科的な手法も選択できるのですが
エラを削る手術は不安や抵抗も感じるでしょう。

 

エラを削る手術になると、時間もかかりますし体への負担も大きくなります。
また傷痕もできてしまいますので、
美容整形手術を受けたことが周りにばれてしまうかもしれないのです。

 

それを考えるとエラ削りの手術は気軽に受けられるものではありません。
切らずにエラを治療できる施術も美容外科にて選ぶことができます。
張り出したエラの部分にボトックスを注射して
エラの筋肉の収縮の働きを抑えることで、
フェイスラインをすっきりと見せてくれるのです。

 

処置にかかる時間もたったの10分ほどです。
抜糸や通院の必要もありませんので、
短時間、短期間で処置が終了してしまうのです。

 

まれにボトックス注入後に内出血が見られる方もいらっしゃいますが、
メイクでごまかせるのでその点も安心していただけます。

 

ただし効果は限定的であり、
次第にボトックスが体に吸収されていきます。
個人差もありますが、効果は3か月から6ヶ月持続し、
その後またエラが気になるようになったらボトックスを注入してもらいます。